液晶テレビの種類と買取査定

4K・8K液晶テレビ、有機EL液晶テレビ 高価買取中

2019年の世論調査で若い世代でテレビ離れが進んでいるということでしたが、それでも「若い世代」の中で約1割が見ていないだけでの話です。

 

まだまだ家電製品の中で液晶テレビは人気の品です。

 

当店では10インチのポータブルテレビや一般的な32V~40V型、

大型の65V型まで様々な液晶テレビの買取・販売をしています。

 

最近では4K・8K衛星放送が始まりより美しい映像を身近に体験できるようになりました。

4K液晶テレビ、8K液晶テレビ、4K有機ELテレビは特に高価買取をしています。

 

液晶テレビの寿命

 

一般的には液晶テレビの寿命はバックライトの関係から、

7年~10年とされています。

実際には10年以上使えることの方が多いですが、バックライト以外の部品の経年劣化で壊れる可能性がでてくるため、基本的には製造年が5年以内のものが買取の対象となります。

 

液晶テレビのメーカー

  • パナソニック(Panasonic)  ビエラ(VIERA)
  • 東芝(TOSHIBA)       レグザ(REGZA)
  • ソニー(SONY)       ブラビア(BRAVIA)
  • シャープ(SHARP)       アクオス(AQUOS)
  • ハイセンス(Hisense)
  • LGエレクトロニクス

 

何処のメーカーの液晶テレビが人気?

高年式の液晶テレビはどこのメーカーも技術的に優れてきていて、

ほぼ違いはないとされています。

若干メーカーごとの特徴はありますが、有機ELテレビまでいくとスピーカーの構造や明るさの違いで差はあってもほぼ気にならないので、購入する場合は好みのメーカーで選んで良いと思われます。

最近では日本以外のメーカーでも売れているので、テレビの買取をご検討されている場合はまずお問い合わせください。

 

メーカー、型番、製造年がわかればおおよその買取金額をお伝えすることができます。

 


何処のメーカーのものでも液晶テレビの裏面に、

メーカー、型番(品名・品番)、製造年の記載がありますので、

お問い合わせされる際にはあらかじめご確認いただけるとスムーズな対応が可能です。

 

買取実績




壊れた液晶テレビの買取に関して

画面が何かしらの衝撃で割れてしまう、線が出たり色が変わったりする。

電源が入らなくなる。

スピーカーが故障して割れたような音や雑音が聞こえるようになる。

壊れる原因は様々ですが、壊れたテレビを処分するのは大変です。

 

リサイクルショップでも壊れたテレビは再利用して次のオーナー様へお譲りすることができないため、基本的には買取することができません。

※一部例外はありますので、壊れた液晶テレビの場合でもお気軽にお問い合わせください。

 

■処分方法に関して

 壊れたテレビの代わりに液晶テレビを購入された場合は、購入店に古いテレビの処分に関して相談すれば基本的には配送してくれる時に回収費用と運搬費用代で持って帰ってもらえます。

買い替えしない場合でも家電店に相談するのが一番簡単に話が進む気がします。

 

各市町村の家電リサイクル受付センターへの相談

または指定引取場所へ直接持ち込み

どちらも実際に持っていくなど手間が発生しますので、少しでも金額を抑えたい場合は指定の引取り場所に直接壊れたテレビを持ち込む方法が良いかもしれません。